テレビでは不倫のニュースが絶えません。
タレントの不倫騒動から火がついて、ニュースキャスターまでもが不倫する時代です。毎月不倫のニュースがない月は無いくらい頻繁に放送されていますね。
そんなニュースを見ているうちに、私も年上マダムと不倫したいと思いました。年上じゃなくてもいいんですが、不倫がしたかったのです。
盛岡には不倫プレイを掲げたお店がありまして、以前1度だけ利用したことがあるのですが、リアルに旦那さんがいる方でした。

旦那がいるのに他の男に抱かれているとう事実で男は興奮するのです。
ちょっとした罪悪感が大きな性的興奮につながります。
私はデリヘルを呼ぶ前から興奮しており、「これから不倫をするんだ」という新鮮な気分で一人で盛り上がっていました。
こうなったら、確実に旦那がいる子を選びたいものです。
というのもこれまでの経験上、不倫をテーマにしたお店に、旦那もいないのに在籍している女の子を見たことがあるからです。
こういったリアル感にかけることをされると、こちらも萎えて来ますよね?

なので、本物の人妻を求めて、優良店と思われるお店の女の子の写メ日記を片っ端から漁りました。
写真に嘘がないかは当然ですが、文章の癖や絵文字の使い方で見えてくるのです。
一見かなり難しいように見えますが、慣れてくると簡単です。
そんな中私が選んだ人妻は、B子ちゃんという綺麗そうな女の子です。

実際会ってみると、年相応な感じの女性でした。
旦那はいそうでもあり、いなさそうでもあります。確たる証拠がないのであれですが、ここは彼女を信じることにしました。
早速彼女に後ろから抱きついて来ているジャケッットを脱がすと、彼女は緊張しているのか少し震えているようでした。
ブラウスになった彼女はとっても良い匂いがしました。
私はそのまま胸を揉むと、彼女のため息が漏れます。ボタンの隙間から直に触ってみると、どうやら乳首は既にコリコリと立っており、豊満な胸が熱く火照っているようでした。

「もう興奮しているのかい?」

と聞くと、彼女は首をゆっくりと縦に振ります。
そして後ろからディープキスをしました。彼女のとろけるような舌は私の口の中をぐるぐるとかき回して来ます。
私はキスをしながら彼女を丸裸にしました。敏感なのか、胸を揉むとその都度小刻みに震えています。
口で甘く噛むと「ひっ!」と言って顔をしかめました。
そのまま下半身へ移動して、ヘソから徐々に目的地まで移動しました。彼女は快感で足をバタバタとさせて気を紛らわしているようです。
とうとう私はクンニを始めると、すぐに言ってしまいました。
「旦那とどっちがいい?」
と聞くと、彼女は、「もちろんあなたよ」と優しく微笑みながら言いました。

私はとても嬉しくなってさらに激しくクンニをしました。
この誰かのものを奪った罪悪感と、性的な快感は似て非なるものですが、同時に味わうと快感が倍増して来ます。

この後はあまりにも興奮し過ぎて記憶が曖昧なのですが、最後は彼女の胸にぶっかけてフィニッシュとなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です